衆議院議員 東京第11区 板橋区 自由民主党 下村博文

近況報告

  • HOME»
  • 近況報告

LINE公式アカウント

2019年10月25日
LINE公式アカウント
下村博文代議士のLINE公式アカウントを作成いたしました。
情報を発信していきますのでぜひご登録ください。

産経新聞掲載

2019年9月27日
産経新聞掲載
下村代議士の新著が本日9月27日の産経新聞に掲載されました。
ぜひご購入してお読み頂ければと思います。
下記URLからご購入頂けます。

https://www.amazon.co.jp/dp/4866430540?fbclid=IwAR0cdTUCiMH6joj8REV88OhLGzGFmzITmTMV-ZaX5LUopnjXngKpLNDso6A

新著出版

2019年9月12日
新著出版
下村博文代議士の新著『日本の未来を創る「啓育立国」』(アチーブメント出版)の販売が始まりました。

◯educatinonの本当の意味を知っていますか?
◯時代が変わる中で、教育から啓育へ
◯次の時代に必要な能力は、自ら考え、自ら行動する力。
◯啓育によって一人一人が活躍できる社会を実現するために、今必要なこととは。

下村代議士の想いをまとめた一冊です。全ての世代の方に読んでいただき、「啓育」の持つ力、自らが考え行動することの意義を一緒に考えていただきたいと思います。
全国の書店でも販売中です。
Amazonのサイトからもご購入頂けます。

記者会見が行われました

2019年7月5日
記者会見が行われました
先週6月27日に下村代議士の記者会見が行われました。
多くの国民の方に憲法改正について知って頂くために、分かりやすいマンガ本を作成いたしました。
下記のURLよりご覧頂けますのでぜひご一読下さい。

https://jimin.jp-east-2.storage.api.nifcloud.com/pdf/constitution/kenpou_force.pdf

憲法改正について 憲法26条改正による教育の拡充④「憲法改正への思い」

2019年3月1日
 今回示した案は、自民党のイメージ案になります。維新の会は「教育の無償化」を明記するべきだというところまで議論を持ってきています。これはこれで議論をするべきものだと思っています。あくまで今回自民党が発表したイメージ案は憲法審査会の自由討議で発表するために作ったものです。そのため、この条文イメージ案をそのまま改正原案として提出するということではありません。憲法審査会の中で、自由討議を行ってもらい、各党の意見が出てくればいいと思っています。憲法改正には、国会の3分の2の発議と国民投票の半数の賛成が必要なわけです。つまり、他の法案と違い、国会だけで改正ができるものではありません。ですから、この条文イメージの中で修正が必要であるということであればぜひご意見を頂きたいと思います。

 私はこの憲法26条の加憲について、将来に生きるすべての人が人生に生きがいややりがいを持ってもらうために必要なことだと思っています。憲法は守るべきものではなく、時代の変化に応じて変えるべきところがあれば変えていく必要があるのではないでしょうか。このままの教育の延長線上だけでは次の時代に対応できる人材を育成することは難しいと思います。もちろん、法律の範囲内で対応すべきことは迅速に対応をしていきます。しかし、最高法規としての憲法に、次の時代を見据えた理念、そして国が国民のために全力で教育の拡充と支援を行っていくことを明記することは、すべての人に可能性やチャンスを提供し、誰しもが自分の人生に希望や夢を持つことができるのではないでしょうか。科学技術の進歩発展に対して、ただ受け身としてではなく、それを享受し新たな時代を楽しむということが誰にでもできます。そのために人は自ら学び、自分の人生を切り拓いていくのだと思います。その意志を最大限に国がサポートする。そして日本がそういう国であると誇りを持ってもらえるようにしていきたいと思います。

ページトップへ